アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「仕事」のブログ記事

みんなの「仕事」ブログ

タイトル 日 時
州政府教育省内にて
州政府教育省内にて 私の事務所は、州政府と市政府が混合した、特殊な政府の母体を取っています。オフィス自体は全米でもHistoricな建造物に指定されているTweedCourtオフィスで、あのギャングオブニューヨークの中にも、Tweed伯爵は出てきましたし、それくらい有名で、観光ツアーが入れるよう館内ツアーもあります。 また、チャータースクールといって、特別学区として、力を入れている学校がオフィス内に併設されていて、安全かつ質の高い教育を、教育省内のお膝元で提供しています。なので、子供たちがたくさんいて、重厚で荘厳... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/10 13:15
Mayor Michael R. Bloomberg −私のボス、マイケルブルームバーグという人
私のボスである市長(ちなみに嫁は市長オフィスで局長をしているため、予算管理会議の場で数回あったことがあるらしいが、残念ながら私は接点がなく、面識は一度もない。オフィスはすぐ隣にあるんだが。。。)が、今日は彼を少し紹介したい。 ご存知の方も多いと思うが、彼はかの有名な Johns Hopkins Universityで工学学士を取得後、Harvard Universityにて、MBAを取得、投資信託銀行の一つソロモンブラザーズ(現ソロモンスミス)の最年少パートナー(執行役員)に抜擢された秀才かつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/01/01 03:55
海外で就職する為には?-其の二『レジュメ審査』
さて、このシリーズ2回目。海外就職編では、レジュメ審査について軽く触れたいと思います。自分でいうのもなんですが、日系企業だけでなく(もともと日本にいた時から外資企業で働いていましたが)、アメリカの企業、アメリカ政府機関(連邦政府はアメリカに国籍転換或いはミリタリーに入隊し、Veteranにならない限り、原則採用されません。)から幅広く管理職レベルのオファーを貰った経験を持っていますので、それなりに有益だと思います。まず、海外留学生、帰国子女、MBA保持者が一度は聞いたことがあるであろう『ボストン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/11/09 22:32
海外で就職する為には?-其の一
日本でも海外でも同じです。業界に特化したエッジを持っているか否かです。このコーナーでは複数回に分けて、この疑問に答えるべく以下のトピックを、一般的アメリカ企業或いは官公庁の採用活動の流れとともに紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/28 14:58
公共政策を目指す方へエールを送ります!
今日は余りニューヨークニューヨークというトピックでは無いかもしれませんが、一応国連や世界的NPOが林立するニューヨークってことでご勘弁を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/26 13:22
アメリカでの資格試験の威力−其の一
皆さんの中には、アメリカになんらかの事情でいらして、資格試験等をアメリカにて受ける方も多いと思います。私は仕事柄、公共政策の情報中枢を管理しているため、IT監査という資格を活用することが実務的に多くあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/10/24 04:16

トップへ | みんなの「仕事」ブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
徒然なるままにニューヨーク生活日記 仕事のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる